ビューティ

「アットコスメ ニッポン」から100%濃縮の原液登場 わずか一滴で肌の3大悩みに対応

 「アットコスメ(@COSME)」を運営するアイスタイルグループのアイメイカーズは、日本由来の成分を用いて“日本の美”を発信するブランド「アットコスメ ニッポン(@COSME NIPPON)」から、肌の3大悩み“乾燥”“毛穴の目立ち”“エイジングケア”に対応する「美肌のひとさじ 調美料原液シリーズ」を10月1日に発売した。

 「アットコスメ」の調査によると、「自身の肌トラブルに合わせて対応したい、しかし複雑なケアは続かない」という声が多いことが判明。また、「日によって変化する肌トラブルに合わせて調整でき、効果実感も得られる」ことが重要視されることから、既存アイテムにプラスできる100%濃縮の原液を開発した。

 調味料のように、わずか一滴で肌を“調美”する「美肌のひとさじ 調美料原液シリーズ」は、繰り返す乾燥肌に対応する「ヒアルロン酸×昆布」、黒ずみや開き毛穴に対応する「ビタミンC誘導体×柚子」、弾力不足やくすみ肌に対応する「オリゴペプチド×紫蘇」の3種をそろえる。美容液として化粧水やシートマスク後のケアや、洗顔後のブースターとして原液をそのまま使用できるほか、化粧水やクリーム、オイルと混ぜ合わせてよりリッチな使用感に、また持ち運びしやすいサイズなので乾燥やハリ不足が気になるときにメイクの上からひと塗りなどの使い方ができる。

 「アットコスメ ニッポン」は、「アットコスメ」に寄せられた声を基に、日本各地の豊かな自然や伝統が育んだ素材、天然成分、技術などを発掘して製品化するブランド。これまでに沖縄の海藻や果実を使用したフェイスマスク、石川・金沢の金箔を含んだメイクアップ、西日本各地の根菜の成分を凝縮したフェイスマスクや洗顔などを発売している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。