ニュース

「アットコスメ ビューティデー」今年も開催 限定アイテム数は約200に拡大

 アイスタイルは、昨年初開催した1日限定のコスメ祭り「アットコスメ ビューティ デー」を今年も12月3日に開催する。昨年人気だった「ランコム(LANCOME)」「NARS」「イヴ・サンローラン(YVES SAINT LAURENT)」などに加え、「THREE」「ジバンシイ(GIVENCHY)」「ゲラン(GUERLAIN)」「トゥー フェイスド(TOO FACED)」「ジョルジオ アルマーニ ビューティ(GIORGIO ARMANI BEAUTY)」なども初めて参加する。

 「アットコスメ ビューティデー」は昨年、アイスタイル20周年を記念して、“日本で一番化粧品が売れる日”を目指して実施。アクセス集中によるサイトダウンなどのトラブルがあったが店舗・EC合わせて約4億円の売り上げを記録していた。

 イベントの目玉はこの日のために用意する限定アイテムで、昨年の約40ブランドから今年は約200と大幅に拡大。アクセス集中を避け、ユーザーに公平にチャンスを提供するために今年は11月15日から事前抽選販売を順次行う。

 吉松徹郎アイスタイル社長は「このイベントで大切なのは、セールではないということ。“ブランドとユーザーの出合い”を創出することであり、この日の出合いのために、ブランドには普段ECで売っていない製品や限定品を提供いただく」とコメント。昨年の取り組みで出た改善点を解消し、参加ユーザー総数100万人、流通総額10億円を目指す。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら