ファッション

NY発メード・イン・ジャパンのジュエリー「ミラモア」の期間限定ショップがオープン

 ニューヨーク発ジュエリー「ミラモア(MILAMORE)」の1年間限定ショップがこのほど、東京・青山(東京都港区南青山3-13-3南青山YMビル2階)にオープンした。同ブランドは、ニューヨークを拠点に活躍しカリスマPRとして知られる稲木ジョージが代々一族で宝石商を営んできた大和梓と今年4月にスタート。稲木がクリエイティブ・ディレクターとしてデザインを手掛け、大和がオペレーション・ディレクターとして製造を監督するニューヨークでデザインされたメード・イン・ジャパンのジュエリーだ。隠れ家的な店舗では、ツルやカメ、金魚といった和のモチーフを用いたジュエリーやユニークなチェーンネックレス、一粒ダイヤモンドやエメラルドのチャームなどを販売する。ブランドのコンセプトは、ネームバリューやブランドのロゴなどにとらわれず身に着ける人が自分らしいスタイリングで楽しめるジュエリーだ。素材は18金でエメラルドはコロンビアかブラジル産、ダイヤモンドのクオリティーはVVS(ベリー・ベリー・スライトリー・インクルーディッド)以上とクオリティーにもこだわっている。

 青山店はNYソーホーにある稲木の自宅のリビングを再現。アンティークとフォトグラファーのベッティーナ・ランス(Bettina Rheims)が撮り下ろした「ミラモア」のビジュアルとアンティーク家具とが共存する空間になっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら