ビューティ

世界最古の薬局「サンタ・マリア・ノヴェッラ」が肌保湿シリーズを発売 11月に渋谷パルコに出店

 ヤマノ アンド アソシエイツは11月6日に、イタリアの世界最古の薬局「サンタ・マリア・ノヴェッラ(SANTA MARIA NOVELLA)」から保湿シリーズ“イドラリア”ラインを発売する。全ての肌タイプに働きかけ、潤いに満ちた肌を実現する。これまで顔用保湿クリーム「イドラリアクリーム」のみを販売していたが、顧客の要望に応えて3商品を加えた4商品でライン展開する。既存のフェイシャルクリームに加えて顔・デコルテ用のスクラブクレンザー、保湿ジェル、ジェルマスクの3品を新たにラインアップする。

 顔・デコルテ用スクラブクレンザーの「イドラリア ジェントルエクスフォリエイティングマスク」(100mL、1万3000円)は、生分解性スクラブ粒子が優しく肌の角質を取り除き、パパイヤ果実エキスが乳酸球菌培養溶解質、バチルス発酵物が細胞の再生、酵素作用が皮膚表面を滑らかに洗い上げる。顔・デコルテ用保湿ジェル「イドラリア エッセンス」(30mL、1万1000円)は、べたつきにくいウォータリーベースで化粧水後の肌を整え、化粧のりをよくする。ジェルマスク「イドラリア スリーピングマスク」(50mL、1万5600円)は、配合した天然由来成分が就寝中も肌のバランスを整えて保湿する。

 10月中旬に、ブランド公式オンラインストアの日本版を開設し“イドラリア”ラインを同サイト内で先行発売する。また同ブランドは、11月22日にグランドオープンする東京・渋谷パルコにコンセプトショップを出店する。

 エウジェニオ・アルファンデリー(Eugenio Alphandery)=サンタ・マリア・ノヴェッラ社長は「私自身が大好きな日本で、皆さまが私たちの商品を愛顧してくださっている事を嬉しく思う」とコメントした。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら