ファッション

「ファッキング オウサム」からシンプルかつ存在感のある“スタンスミス”が登場 原宿で1日限定発売

 1990年代から活躍するプロスケーターのジェイソン・ディル(Jason Dill)が手掛けるブランド「ファッキング オウサム(FUCKING AWESOME)」と「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」は、コラボレーションした“スタンスミス(STAN SMITH)”を9月14日に発売する。価格は1万2000円で、サイズ展開はUS5〜12(23.0〜30.0cm)。「ファッキング オウサム」がプロデュースし、東京・原宿に1日限定でオープンするギャラリースペースで12時から先着順で販売する予定だ。

 コラボ“スタンスミス”は、アッパーに発色のよいオレンジのプレミアムレザーを採用。アイコニックなサイドの打ち抜き穴で表現されたスリーストライプスは、コラボを象徴するダイカスト製の「ファッキング オウサム」のロゴへと変更され、ヒールの「アディダス オリジナルス」のロゴも取り除かれ、シンプルながら存在感のある1足に仕上がっている。

■Adidas x Fucking Awesome is here"
日程:9月14日
時間:12:00〜18:00
住所:東京都渋谷区神宮前3-22-11

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら