ファッション

伊高級カジュアル「ポール アンド シャーク」が本格上陸 伊勢丹メンズとエストネーションに限定店

 トレメッツォは、イタリアの高級カジュアルブランド「ポール アンド シャーク(PAUL & SHARK)」の日本における独占輸入販売権を2018年に取得し、19-20年秋冬シーズンから店頭販売を開始した。初のシーズンでは同ブランドが独自開発した防水・防風性の高い素材“タイフーン20000(TYPHOON20000)”を使用したブルゾン(11万円)をはじめ、柔らかい肌触りのピーチスキンのダウンジャケット(17万8000円)やロロ・ピアーナ(LOLO PIANA)の高級生地を用いたダウンブルゾン(19万円)、内側がラビットファーのブルゾン(48万5000円)など、主力のアウターを中心にそろえる。

 発売に合わせてポップアップを伊勢丹新宿本店メンズ館5階で9月3日まで、エストネーション六本木ヒルズ店で9月12日まで開き、ブランド認知拡大を図る。

 「ポール アンド シャーク」は1957年にイタリアで創業した。ニット工場としてスタートし、数々のラグジュアリーブランドのニットアイテムを生産してきた。海やヨットから着想した自社ブランドを75年に立ち上げ、スポーツウエアからカジュアルアイテムまでメンズとウィメンズのトータルアイテムを製造する。2017年には「ラルディーニ(LARDINI)」で要職を務めたエンリコ・アイロルディ(Enrico Airoldi)が加わり、商品の見直しや世界各国の店舗のリノベーションを行うなど、リブランディングを進める。現在はヨーロッパを中心に73カ国、2000以上のショップで販売している。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら