ニュース

「ラルディーニ」が日本初のショップインショップを大改装の阪急メンズ東京にオープン

 クラシコイタリアの代表的メンズブランド「ラルディーニ(LARDINI)」が日本初のショップインショップを、3月15日にリニューアルする阪急メンズ東京4階にオープンする。売り場面積は27平方メートルで、阪急メンズ東京の中心顧客層である30~40歳男性のライフスタイルを意識した商品をそろえる。プレゼンテーションスペースも多く設け、ブランドの世界観を表現する。

 ショップインショップのオープンを記念して、イタリアを代表する工芸品ムラノガラス(ベネチアンガラス)製のブートニエール(ジャケットの襟穴に付ける花飾り)を先行販売する。3色展開で各8000円。

 「ラルディーニ」はイタリア中部のアドリア海沿いの街、アンコーナで1978年に創業。全てのアイテムがメード・イン・イタリーで、同ブランドは日本のオフィシャルエージェント、リデアカンパニーと共に、2017年4月に東京・丸の内に日本初の単独店舗「ラルディーニ」東京店をオープンしている。今後はショッピングセンターや百貨店へのショップ展開を本格化し、ビジネスの拡大を見込む。

■「ラルディーニ」阪急メンズ東京
オープン日:3月15日
時間:11:00~20:00
定休日:無休
場所:阪急メンズ東京
住所:東京都千代田区有楽町2-5-1 4階

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら