ファッション

イタリアンクラシコとストリートの融合「エイント イェット エニイウェア」がデビュー

 イタリアンクラシコと日本のストリートの要素をミックスした日本発ブランド「エイント イェット エニイウェア(AIN’T YET ANYWHERE)」が12月14日にスタートした。

 「エイント イェット エニイウェア」のコンセプトは、イタリアの建造物や街並み、オペラなどのクラシックなカルチャーと東京のストリートカルチャーの融合。“まだ誰もいない、地図に載っていない場所”がテーマで、未開の地に価値を見出す人たちが着るストリートウエアをイメージしている。

 ファーストシーズンは、最高級のカシミヤを使ったイタリア製のニットやパーカ、シャツなど計6型を展開。デザインとパターンは日本で、生産はイタリア・フェラーラにある工房で行っている。ニットは伊カリアッジ社のカシミヤをスイスのDUBIED社製のビンテージ編み機で30年以上のキャリアを持つ職人が一つ一つ編み上げている。これまで同製法で作られたニットは、イタリアンクラシコのウエアに限られていたが、「エイント イェット エニイウェア」は、伝統的で高品質なニットをドロップショルダーやメキシカンパーカなどストリート風に着こなすことを提案する。アイテムは「エイント イェット エニイウェア」フィシャルサイトで販売中だ。

 「エイント イェット エニイウェア」のブランドムービーのオリジナルトラックはDJソルジャ(SOULJAH)が制作した。ブランドの世界観を表現するスペシャルMIXはDJ SOULJAHのMIX CLOUD上で視聴可能だ。14日には、原宿のギャラクシー・銀河系(Galaxy Gingakei)でローンチイベントを開催した。同イベントでは、ファーストシーズンのニットコレクションの先行販売を行い、東京のシーンをリードするDJが集結しイベントを盛り上げた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら