フォーカス

高田一也・吉川ひなの兄妹がこだわりを詰め込んだサプリメント開発 きっかけは健康に恵まれなかった幼少期にあり

 結婚、妊娠をきっかけにアメリカ・ロサンゼルスでオーガニックライフを過ごしているモデルでタレントの吉川ひなの。病弱だった幼少期の経験を生かしてパーソナルトレーナーとして活躍する実兄の高田一也ワンステップスピリット社長。健康や美容の志向が高い兄妹が会社を立ち上げ、サプリメント「ミールドロップ(MEAL DROP)」を公式サイトで販売している。2人に健康や美容法、サプリメント開発の秘話などを聞いた。

WWD:病弱だった幼少期の経験がサプリメントの開発に結びついたとか。

高田一也ワンステップスピリット社長(以下、高田):もともと僕たち兄妹は健康に恵まれず、特に僕は運動を禁止されるほどでした。病弱なことを利用してビジュアル系バンドを組んでいた時代もありましたね(笑)。今、49歳なのですが昔から血行の悪さを感じていて、若いころから肩凝りがひどくて22歳の時には髪をポニーテールにしようとしたらそのままぎっくり腰になって3日間入院をしました。その時の担当医に「君は22歳だけれど、体の中は70歳だよ」と言われたほど。当時はロックをやっていたのであまり気にしませんでしたが、25歳くらいになってからその言葉が重くのしかかってきて、何かを始めなければという気持ちになりました。結局バンド活動は4年間で終えました。

吉川ひなの(以下、吉川):バンド活動ってそんなに短かったんだね。

高田:才能がなくて。バンドをやめてから体の弱さを克服するためにウエイトトレーニングを始めたんです。ウエイトトレーニングなら重さも自分で調整ができるし、動きも早くないので挑戦できるかなと思って。そしたら体がみるみる強くなっていきました。そんな姿を見ていた妹も僕の影響を受けて運動を始めました。しばらくは僕が指導をしていましたが、ヨガを始めるなど自分なりの健康法も見つけていきました。

吉川:お兄ちゃんは体が細くて弱かったけれど、昔から力だけは強かったんです。あとお兄ちゃんて、自分が憧れているものになっていく人なのかなって思っていました。ロックバンドに憧れていたらバンドマンになっちゃうし。お兄ちゃんが好きだった「北斗の拳」の映画に5歳のときに連れ行ってもらったんだけど、今はそういった体になってますしね。最近は2人でいるといつも健康の話になるんですよ。

WWD:長年、サプリメントを愛用していることも役立っている。

高田:こうと決めたらやり遂げないと気持ちが悪いタイプですね。サプリメントに関しては、21年ほど前にパーソナルトレーナーからいろいろな知識を教えてもらい、そのころからやっていることは変わっていないですね。

吉川:お兄ちゃんはこんなに日焼けをしているのに、ビタミンCを欠かさないのでシミが一つもないんです。それに肌がすべすべなんですよ(笑)。

高田:ビタミンCに加えてタンパク質の効果が高いんです。普通の食生活では特にビタミンCを必要量摂ることが難しいです。最近こそタンパク質が見直されてきていますが、まだ多くの人の摂取量が足りない。また摂れたとしてもタンパク質をうまく活用するためにビタミンCが必要になることを知らないと思います。僕は21年前に栄養について学んでから変わらずこの2つは積極的に摂るようにしています。ほかには1日6リットルくらいの水を飲むので、老廃物を早めに排出することができていると思います。これも21年間変わらずに続けています。

吉川:私は食生活に対してはそこまでストイックにはなれないけれど、血行や筋肉の大切さを学びました。普段から意識して必要な栄養素を摂るようにしていても食事で賄うのは限界があります。それを補うのにサプリメントを摂取しています。今はロサンゼルスでナチュラルなライフスタイルを送っていますが、そのきっかけは娘を妊娠したこと。妊娠中はハワイで過ごしていたのですが、とにかく子どもにとっていいことを優先するように過ごしたら自然とオーガニックを選ぶようになりました。子どもが本当にかわいくて(笑)。自宅では食べ物はもちろんですが身に着けるものなども気にするようになりましたね。ただ、外食をする時は割り切って、そのお店でおいしく食べるように意識しています。

私がお兄ちゃんの家に泊まりに行くときは、話が尽きなくていつも朝方まで起きているんです。そんな日でも変わらず早朝に起きてささみを茹でてコーヒーを淹れてくれるし、お弁当も必ず手作りで毎日持参してるんですよね。継続できるって本当にすごい。

WWD:多くのサプリメントが流通しそれらの良さも理解してそうだが、なぜサプリメントを開発したのか。

高田:妹と「健康は自分たちで作ることができるんだね」という話になってサプリメント「ミール ドロップ」の開発を始めたんです。それぞれが一番気になる要素を詰め込んだサプリメントを作りました。妹はオーガニックへのこだわりが強いので、市場にそこまでこだわったサプリメントがないことが気になっていたようでした。そこで完成したのが「スマイル」です。僕は自分がトレーナーを務めるジムに通ってくれている人の不調を見たり聞いたりする中で、その悩みに効果がある栄養素を考えて「ヴェイン」が完成しました。「ヴェイン」は、血行促進に着目したもので、どんな人にもその効果を実感してもらえると思います。デスクワークで肩が凝っている人にも取り入れてもらいたいですね。

吉川:「スマイル」は、地球の恵みを1つのカプセルにいいとこ取りで詰め込んだサプリメントです。ミネラルやビタミン、ブルーグリーンアルジーとか地球がもともと持っている栄養素をそのまま入れました。製造過程でブルーグリーンアルジーを入れることは難しいので、クロレラやスピルリナに代用してはどうかと言われましたが、培養できるものは地球の恵みとは違うので当初の思いを貫きました。わたしはとにかくこだわりが強くて。ホームページに掲載する日や発売日はこの日でなくちゃだめだとか製品名の画数とか(笑)。でも、お兄ちゃんはその全てに寄り添ってくれて。本当によく怒らないで付き合ってくれたと思います。

WWD:通常のもの作りのスパンよりも時間がかかったのでは。

高田:これまでもサプリメントの開発を何度かしてきて、配合を決めたら早ければ1週間ででき上がってくることもありました。今回はオーガニックにこだわったので、工場の態勢も気にしたりと半年以上かかりましたが、本当に妹のこだわりが詰まった製品になりました。

吉川:時間がかかり過ぎたのは反省すべき点ですが、妥協はしたくなかったんです。その分、本当に素晴らしい製品が完成したと胸を張って言えます!

WWD:サプリメントはどういうタイミングで摂ると効果的か。

高田:「ヴェイン」は朝食の後に摂ると、血行がよくなって体がぽかぽかするのを感じられると思います。「スマイル」は食事だけでは摂り切れないビタミン類やミネラル類が含まれているため、栄養面で気になったらその都度飲んでもらうといいですね。

WWD:これから他の製品を作る予定は。

高田:サプリメントの種類は増やしていきたいですね。ほかには僕自身が運動を指導していることもあり、自宅でできる運動をサポートできるようなものを開発できたらいいなと思っています。都心で生きていくなかで一番大切なのは血行で、その次が肝臓。皆さんお酒を飲む機会も多いでしょうから肝臓をいたわるサプリメントを作ろうと思っています。

吉川:私は腸の働きが重要だと感じているので、腸活を助けるサプリメントを考えています。

WWD:吉川さんはアイケア&メイクブランド「アネリアナチュラル(ANELIA NATURAL)」をプロデュースもしている。

吉川:マスカラとまつ毛美容液のほか、プロデュースというほどのものではないですがフレグランスを出させてもらいました。新製品が10月に発売予定です。ナチュラルな成分と使い心地にもこだわった製品で自信作です。