ファッション

米バーニーズに破たん寸前報道 マンハッタン家賃倍増が原因か?

 アメリカのバーニーズ ニューヨーク(BARNEYS NEW YORK)が、破産法申請も視野に入れた再建策の検討を始めたようだ。米CNBCなど複数のメディアが報じている。同メディアによると、早ければ月内にも破産法を申請する可能性があるという。

 マンハッタン旗艦店の家賃の高騰などが主因のよう。米CNBCによると、同店の家賃は年初、1600万ドル(約17億2000万円)から3000万ドル(約32億3000万円)まで跳ね上がっており、大きな負担になっていたようだ。

 なお、日本で「バーニーズ ニューヨーク」を手がけるバーニーズ ジャパンは、セブン&アイ・ホールディングス傘下のため、これに伴う大きな影響はなさそうだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら