ファッション

米バーニーズに破たん寸前報道 マンハッタン家賃倍増が原因か?

 アメリカのバーニーズ ニューヨーク(BARNEYS NEW YORK)が、破産法申請も視野に入れた再建策の検討を始めたようだ。米CNBCなど複数のメディアが報じている。同メディアによると、早ければ月内にも破産法を申請する可能性があるという。

 マンハッタン旗艦店の家賃の高騰などが主因のよう。米CNBCによると、同店の家賃は年初、1600万ドル(約17億2000万円)から3000万ドル(約32億3000万円)まで跳ね上がっており、大きな負担になっていたようだ。

 なお、日本で「バーニーズ ニューヨーク」を手がけるバーニーズ ジャパンは、セブン&アイ・ホールディングス傘下のため、これに伴う大きな影響はなさそうだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

“副業・複業を解禁せよ!” 多様な働き方の推進が急務

「WWDJAPAN」5月17日号は、「複業を解禁せよ! 多様な働き方」特集です。コロナ禍で働き方が見直される中、商業施設などが突然の休業に見舞われても副業を解禁できていない企業は多くあります。「WWDJAPAN」ユーザー2130人への働き方に関する意識調査を行ったところ、8割が「副業したい」と回答。本号では副業・複業のメリット、これからの働き方について考察します。

詳細/購入はこちら