ニュース

「スター・ウォーズ」の世界を体感 200点以上の衣装や小道具を集めた展覧会を開催

 映画「スター・ウォーズ(STAR WARS)」シリーズの世界を体感できる展覧会「STAR WARS Identities: The Exhibition」が、東京・天王洲にある寺田倉庫のイベントスペースG1-5Fで開催される。企画制作・運営はソニー・ミュージックソリューションズが行う。会期は8月8日〜2020年1月13日。シリーズの大ファンとしても知られる女優の市川紗椰が日本展のアンバサダーを務める。チケットは日時指定制で、大人(中学生以上、3200円)と小人(2000円)のほか、小人1人を含む4人用の親子チケット(1万円)も用意する。なお各日時の入場枠に余りがある場合のみ、会場で当日券(大人3500円、小人2300円)を販売する。6歳未満は無料。

 同展覧会は12年のカナダ・モントリオールを皮切りに世界中の都市を巡回しており、東京は13番目の開催となる。劇中で実際に使用された衣装や小物、模型に加えてキャラクター設定を決めるために描かれたコンセプトアートなど、製作過程にも迫る200点以上の品を展示する。また入場時に配布されるID付きブレスレットには、展覧会をより楽しく回ることができる仕掛けが施されている。10カ所に用意された質問に答えていくと、データを蓄積。その上で作中に登場する好きな種族や惑星を選ぶと、自分の性格が反映されたオリジナルキャラクターを作ることができる。キャラクターの種類は5000万通り以上に及び、スマートフォンやパソコンへの転送も可能だ。

 今回の展覧会のためだけに描かれたビジュアルを使用した、Tシャツ(各3000円)やポストカードセット(800円)などのグッズも販売する。

■STAR WARS Identities: The Exhibition
日程:8月8日〜20年1月13日
時間:10:00〜19:00(最終入場は18:30)
休館日:9月9日、10月21日、11月18日、1月1〜3日
場所:寺田倉庫G1-5F
住所:東京都品川区東品川2-6-4
チケット料金:大人(中学生以上) 3200円(当日券は3500円) / 小人 2000円(当日券は2300円) / 親子チケット(小人1人以上を含む4人) 1万円