ファッション

デプトのエリが雑貨店ドナドナ トーキョーをオープン

 古着屋デプト(DEPT)のエリ(eri)とフローリスト越智康貴は7月13日、雑貨店ドナドナ トーキョー(DONADONA TOKYO)を東京・原宿のキャットストリートにオープンする。同店舗では、2人が一つ一つ拾い集めた世界中のさまざまなアイテムをそろえる。

 “ドナドナ”は民謡の歌詞に登場する、売られていく子牛と重ねて名付けた。エリが、デプトの買い付けでさまざまな国を訪れる中で、それぞれの土地に溢れている多くの素敵なものを届けられる場所を作りたいという思いから、面白いと可愛いを最も強く共有できる越智と立ち上げた。また、越智が手掛けるフラワーショップも併設しており、贈り物にはオリジナルのラッピングを採用する。

 オープンに伴いエリは「“それどこで買ったの?”と聞かれるようなお店にしていきたい。自分自身が誰かに贈りたいと思うものを世界中から“ドナドナ”していきたい」。また越智は、「店は生き物なので、愛情をかけて成長させていければ。自分やエリさんが世界中で買い付けてきた面白いもの、可愛いものが、より多くの人に楽しんでもらえるように提案していく」と語る。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら