ビジネス

資生堂がデジタルに特化した体験型ショールームをオープン 肌チェックからメイク体験まで

 資生堂は13日、デジタルコンテンツの体験型ショールーム「エスプレス(S/PRESS)」を、東京・浜松町にオープンする。タッチパネル型のデジタルサイネージで自社製品や美容情報を紹介するほか、IoTを活用したパーソナライズスキンケアシステム「オプチューン」、バーチャルメイク体験「メイクアップシミュレーション」など、さまざまなデジタルコンテンツを用意する。

 場所は日本事業を行う資生堂ジャパンが5月に移転した日本生命浜松町クレアタワー1階で、面積は38平方メートル。デジタルサイネージは、アートをはじめとしたデジタルコンテンツやシステムの開発を行う “チームラボ”が手がける。今後はショールーム限定の体験型コンテンツや、最新スマホアプリも取り扱う予定。

 同社は中期計画で“デジタル領域の強化”を掲げている。同ショールームではIoTやデジタル技術関連のコンテンツを通じて顧客接点を広げるとともに、“ビューティテック”の先進性をアピールするほか、来場者の利用データなどを活用して、今後の開発に生かすとしている。

■S/PRESS
時間:11:00~19:30
場所:日本生命浜松町クレアタワー1階
住所:東京都港区浜松町2-3
休館日:土曜日・日曜日・祝日(ビルの休館日に準ずる)
入場料:無料

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら