ファッション

【平成プレイバック】 お笑いコンビTKO木下が振り返る「僕のファッションのルーツ」

 平成元年、高校生の時、初めて雑誌に出たんですよ。「セブンティーン(Seventeen)」(集英社)の街角スナップで。「セブンティーン」やから、本当は違うけど年齢を17歳や、って言った記憶があります(笑)。上下ギンガムチェックのベストにパンツ、靴は厚底ブーツのラバーソール、バッグは「ハンティング・ワールド(HUNTING WORLD)」で、手首にアクセをジャラジャラ付けてました。当時は追っかけをするほど藤井フミヤさんが好きで、憧れてたんですよね。もともとは兄貴のお下がりを着てたんですけど、あれ以降ファッションが好きになって、今では「ブッカ 44(BUCCA 44)」っていうブランドをやらせてもらってます。

TKOの木下隆行:1972年大阪生まれ。お笑いコンビ、TKOのボケ担当。身長183cm、体重83kg。44歳でウィゴーとタッグを組みアパレルブランド「ブッカ 44」をスタート。趣味はサーフィン、スノーボード、ファッション。

【業界人の「平成プレイバック」
ファッション・ビューティ業界の若手からベテランまで「平成時代に印象に残った出来事」とは?

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら