ファッション

「ヘリーハンセン」の日常になじむミニマルな機能服のメンズがスタート

 ゴールドウインの「ヘリーハンセン(HELLY HANSEN)」は、2018年春夏シーズンに日本企画としてウィメンズを立ち上げたタウンユースライン“ネイチャー フィットネス(NATURE FITNESS)”のメンズラインを19年春夏からスタートした。レインコートやポンチョなどのアウター類をはじめ、スエットやショーツまで16型をそろえる。

 価格帯はコート3万6000円、アノラック3万円、パンツ1万3000〜2万円、ショーツ1万1000円、パーカ1万6000円、スエット1万1000円、Tシャツ7000〜9000円など。

 優れた防水透湿性や伸縮性を備えた機能素材をミニマルなデザインと肌ざわりのいい着心地に仕上げ、日常生活になじむウエアとして提案する。コートの裾付近のストラップを脚に巻き付けて雨の侵入を防いだり、リフレクター付きのベルトで夜間の視認性を高めたりと、あらゆる天候や環境に対応するディテールも特徴だ。メンズのカラーはブラックやグレーなどモノトーンが中心となる。

 現在は同ブランドの直営店とニュートラルワークス(NEUTRALWORKS)で販売中。3月には伊勢丹新宿本店本館の2階でウィメンズのポップアップショップを1週間開き、売り上げ目標を達成した。今後はウィメンズとメンズの販路拡大を目指し、卸も積極的に行いたいという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら