ファッション

BLACKPINKが日本初の公式フォトブックを発売 メンバーソロバージョンの限定カバーも

 韓国の大手芸能プロダクションYGエンターテインメント(YG ENTERTAINMENT)は5月22日、ファッションやビューティキャンペーンにもたびたび登場する人気ガールズグループ、BLACKPINKの日本で初となる公式フォトブックを発売する。パリとニューヨークで撮り下ろしたソロショットとグループショットで構成し、秘蔵ショットを多く掲載している。また通常版に加えて、メンバー一人一人がソロでカバーを飾った限定版4種はアマゾン(AMAZON)で販売する。初回限定版には、メンバーソロのクリアファイル4種がランダムに封入される。予約は4月11日0時にスタートし、価格は2500円だ。

 BLACKPINKは2016年に韓国でデビューし、昨年6月に発表したミニアルバム「SQUARE UP」は全世界44カ国のiTunesチャートで1位となったほか、タイトル曲「DDU-DU DDU-DU」のミュージックビデオは162日間で再生5億回を突破し、今年4月時点で7億回超えと記録を更新。また4月5日は最新EP「KILL THIS LOVE」をリリースし、同曲のミュージックビデオはわずか4時間13分で1000万視聴を超え、韓国国内における再生回数の最短記録を更新した。日本では昨夏にジャパンツアー「BLACKPINK ARENA TOUR 2018」を開催し、福岡、大阪、千葉の3都市8公演で12万5000人を動員した。今月開催される音楽フェスティバル「コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル(Coachella Valley Music and Arts Festival)」や、8月の「サマーソニック2019(SUMMER SONIC 2019)」への出演も決定している。

 BLACKPINKは韓国では「シャネル(CHANEL)」や「ヒロインメイク(HEROINE MAKE)」「アディダス(ADIDAS)」「ゲス(GUESS)」など、日本では「ABCマート」のCMや資生堂の「コスメティック プレス(COSMETIC PRESS)」のキャンペーンに出演している。彼女たちのファッションやメイクは韓国や日本の若い女性に大きな影響を与え、絶大な支持を集めている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら