ファッション

「チャンピオン」の設立100周年を記念したコレクション アイテムの裏地には隠されたラベル

 ヘインズブランズが運営する「チャンピオン(CHAMPION)」は、設立100周年を記念したコレクション“Centennial Collection”を3月30日に発売する。チャンピオン ブランドハウス シブヤ トウキョウ(CHAMPION BRANDHOUSE SHIBUYA TOKYO)やステラプレイス札幌、名古屋パルコなどの一部店舗と公式オンラインストアで取り扱う。

 同コレクションは、ブランドを象徴するスエット“リバースウィーブ”や“ジョックタグ”などのデザインをモダンにアレンジしたもの。1年を通して新作を数回発表する予定で、第1弾として30日はフーディー(8500円)とジョガーパンツ(7500円)、Tシャツ(4500円)を用意する。それぞれのアイテムの裏地にはヒドゥン・レーベル(=隠されたラベル)を施し、チーム名などの文字を書き込めるようにした。

 「チャンピオン」は2019年、100周年キャンペーン“100 Years for the Team(チームのための100年)”を実施している。世界中のチームとつながりを持つ同ブランドがさまざまなチームを紹介するほか、スポーツやポップカルチャーと、ブランドのシグニチャーである“C”のロゴとの関係をブランドの歴史から振り返る。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら