ファッション

「ブラミンク」が伊勢丹新宿に新店オープン 約2年半かけ2号店目

 ユナイテッドアローズの関連会社デザインズは、ウィメンズブランド「ブラミンク(BLAMINK)」の新店を3月27日に伊勢丹新宿本店にオープンする。場所は本館3階の明治通り側で「オーカー.(OCHER.)」の隣。2016年に東京・青山に構えた旗艦店に次ぐ2店舗目となる。

 新店はワンダーウォール代表でインテリアデザイナーの片山正通が監修した。旗艦店のデザインモデルとしたドイツの世界遺産バウハウスのイメージを今回も踏襲し、グレーの壁に上質なカーペットとオリジナルの照明を用いたモダンな空間に仕上げた。

 「ブラミンク」は16年10月にデビュー。「ドゥロワー(DRAWER)」を立ち上げた吉武味早子がクリエイティブ・ディレクター兼チーフデザイナーを務める。ブランドコンセプトやシーズンテーマは設けずに、“現代に生きる女性にふさわしい服とは何か”という課題に応えることに注力し、美意識や品格を意識したパターンとデザインが特徴だ。
 
■BLAMINK 新宿伊勢丹
オープン日:3月27日
時間:10:30~20:00
場所:伊勢丹新宿本店 本館3館
住所:東京都新宿区新宿3-14-11

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら