ファッション

麻布十番駅のホームの壁がチョコレートに! 都営地下鉄12カ所をイメージ

 東京都交通局が、都営地下鉄の壁や天井、床をモチーフにしたチョコレート“トエイディテール(Toei Detail)”を製造し、3月11~17日に都営新宿線の新宿三丁目駅と都営大江戸線の新宿西口駅、都庁前駅の改札口付近で1500セットを限定販売する。チョコレートは12個入りで、価格は2000円(税込)。なくなり次第終了となる。

 製造は「パレ ド オール(PALET D'OR)」のショコラティエ・三枝俊介が監修し、都営大江戸線麻布十番駅のホームの壁や都営新宿線九段下駅の改札階の天井、都営浅草線宝町駅のホームなど全12カ所の建築材を再現した。味はいちご味のレッドとカカオバターをベースにした軽い味わいのホワイト、ビターなチョコ、パッションフルーツが香るイエローの4種類を用意。各駅のテキスタイルをデザインしたオリジナルのパッケージに収めて販売する。

 三枝俊介シェフは「チョコレートを使って地下鉄を表現するという、全くかみ合わない予想外の話をいただいた時、ものすごく面白いものができるのではないかと直感した。べつに壁を食べているわけではないけれど、チョコレートの中にライスパフやクッキーなどの異なる素材を加えることでいろいろな食感をかなえた。視覚でも食感でも楽しめるチョコレートが完成した」と語る。

 同商品は都営交通のさまざまな取り組みを発信するプロジェクト“PROJECT TOEI”の一環で、都営交通に対する理解や愛着を深めてもらうことを目的に企画された。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら