フォーカス

今は“根暗”がデザイナーに向いている!?

 ロンドンメンズ3日目、衝撃のランウエイショーに立ち合いました。「アイター スロープ(AITOR THROUP)」というブランドのショーです。ランウエイと言っても、モデルは一人も出てきません。写真を見てください。登場したのは、「アイター スロープ」の洋服を着た、人とまったく同じ大きさの人形たち。それを5人の人形師たちが動かし、ランウエイを歩かせるのです。人形と言っても、劇団ピッカリ座のシンデレラとか、ブロードウェイ・ミュージカルのアベニューQみたいに笑いに溢れたものではありません。聞くだけだと「ライオンキング!?」と想像したくなりますが、雰囲気はもっとダークサイドです。仮面をかぶった漆黒の人形、ショーの最中2回も僕たちを驚かせた頭と体の大爆発、そしてモノトーンの洋服から感じたのは、闇。デザイナー、アイターの積年の鬱屈した思いを垣間見たような気がします。

 このデザイナーに出会ったのは、今から3年前。ロンドンメンズのスタート時です。アイターはアートへの造詣が深く、当時も彫刻や、スカルプチュアルで本物ソックリ、だからこそ背中に背負うには勇気が必要だったスカルのバックパックなどを発表し、闇の片りんを見せつけていました。(上の写真は今シーズンの作品ですが、本人曰く、「これは、今までの僕」だそうです)それが、しばらくの沈黙を経て(と言っても、実際、彼は今デニムブランド「ジースター ロゥ」のクリエイティブ・コンサルタントを務めています)発表したのが、コレ。彼の心の内が気になります。

 そう思って話を聞いてみると、アイターは、「15年間もクリエイティブなエゴを作り続けてきたのは、自分を人からの独断や偏見から守るために必要なことだった。そして3年前にその集大成を発表したけれど、心は晴れず、いつも不幸せだった。今、僕はようやく目覚めたんだ。これからは、コマーシャルなコレクションを作っていくよ。今回発表した洋服は、そのプロトタイプなんだ」と話します。ううっ、結構な重たさです。彼のこの思い、果たして受け止めきれるでしょうか(苦笑)?そんなことを考えました。

 ただ、アイターは極めて今ドキのデザイナーな気がします。実は僕、ここ2年くらい、「いつからかデザイナーは、クラスの人気者ではなく、どちらかと言えば目立たない、もしかしたら根暗だった人に変わってきているのでは?」と思っています。それは、日本人デザイナーを見ると、なんとなくわかります。

次ページ:時代は「イケてるグループ」から「イケてないグループ」へ?