ファッション

ピエール・エルメの新業態が城崎温泉にポップアップストア

 フランス人パティシエのピエール・エルメ(Pierre Herme)が2018年11月に東京・丸の内中通りに開いた新コンセプトショップ「Made in ピエール・エルメ」は、初となるポップアップストアを兵庫県の城崎温泉にオープンする。営業期間は3月1~3日の3日間で、ドレッシング(648円、税込)や米(1512円、同)、ホワイトデー限定マカロン(2700〜3888円、同)など日本各地の生産者とコラボした食品や調味料、エプロンなどのキッチン雑貨、Tシャツなどを販売する。

 「Made in ピエール・エルメ」は、スイーツだけでなく日本全国の特産品を扱うコンセプトショップ。城崎温泉は「ミシュラン・グリーンガイド・ジャパン」に掲載されるなど、近年、国内だけでなく海外の観光客にも人気のスポットだ。ここを皮切りに国内外の観光客にアピールし、今後は全国各地でポップアップストアを展開していく。

 今回の会場となるMMMは、13年に作られた城崎温泉発の出版レーベル「本と温泉」に携わってきた田口幹也が運営する新スペースで、今回のポップアップと共にオープンする。

■Made in ピエール・エルメ POP UP SHOP
日程:3月1~3日
時間:11:00~18:00
場所:MMM
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島537

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら