ファッション

ピエール・エルメの新業態が城崎温泉にポップアップストア

 フランス人パティシエのピエール・エルメ(Pierre Herme)が2018年11月に東京・丸の内中通りに開いた新コンセプトショップ「Made in ピエール・エルメ」は、初となるポップアップストアを兵庫県の城崎温泉にオープンする。営業期間は3月1~3日の3日間で、ドレッシング(648円、税込)や米(1512円、同)、ホワイトデー限定マカロン(2700〜3888円、同)など日本各地の生産者とコラボした食品や調味料、エプロンなどのキッチン雑貨、Tシャツなどを販売する。

 「Made in ピエール・エルメ」は、スイーツだけでなく日本全国の特産品を扱うコンセプトショップ。城崎温泉は「ミシュラン・グリーンガイド・ジャパン」に掲載されるなど、近年、国内だけでなく海外の観光客にも人気のスポットだ。ここを皮切りに国内外の観光客にアピールし、今後は全国各地でポップアップストアを展開していく。

 今回の会場となるMMMは、13年に作られた城崎温泉発の出版レーベル「本と温泉」に携わってきた田口幹也が運営する新スペースで、今回のポップアップと共にオープンする。

■Made in ピエール・エルメ POP UP SHOP
日程:3月1~3日
時間:11:00~18:00
場所:MMM
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島537

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。