ファッション

「ヨーコ チャン」からベビー&キッズライン ママとおそろいの真っ白なドレス

 東京発のファッションブランド「ヨーコ チャン(YOKO CHAN)」は今春、ブランド初のベビー・キッズライン“ヨーコチャン プティット(YOKO CHAN PETITE)”をスタートする。赤坂の旗艦店(1月31日から)と伊勢丹新宿本店6階リ・スタイルキッズ(2月20日から)、「ヨーコ チャン」公式オンラインストア(2月24日から)で取り扱う。

 ファーストコレクションは、子どもの純真さを表現したオールホワイトのドレスや肌着などをラインアップ。全てのスタイルで、「ヨーコ チャン」のウエアとマッチするデザインになっており、母娘で合わせたコーディネートを楽しむことができる。肌着とスタイには刺しゅうを施している。キッズはドレス6型、カットソー3型。ベビーが肌着とスタイの3型で、価格帯は、ドレス9800〜2万3000円、カットソー7800円、肌着5500〜6500円、スタイ2000円。キッズのサイズはXS〜XLをそろえ、肌着はフリーのワンサイズ。4月以降には白の他にヌード、サックス、ネイビーの新色も発売する。

 オリジナルのウエアに合わせて、デザイナーのヨーコ・チャンがセレクトしたキッズ雑貨も販売する。「オールドソールズ(OLD SOLES)」のフラットシューズ(8600円)、「ブラブラ(BLABLA)」のブランケット(8800〜1万円)やぬいぐるみ(2800〜6800円)、「ラ ルース(LA LUZ)」のスプーンやナイフ(1つ400円)など。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら