ファッション

「ディオール」19-20年秋冬メンズフロントロー 日本から福士蒼汰、JSB登坂、けみおが来場

 キム・ジョーンズ(Kim Jones)=メンズ アーティスティック・ディレクターが手掛ける「ディオール(DIOR)」は1月18日(現地時間)、2019-20年秋冬メンズ・コレクションを発表した。場所はエッフェル塔を真正面に見据えるパリ7区のジョフル広場。特設会場内に設置した長さ約76mの自動型ランウエイの上を身動き一つしないモデルらが流れ、最新のコレクションを披露した。

 フロントローには、YOON「ディオール」メンズ ジュエリー・デザイナー兼「アンブッシュ(AMBUSH)」デザイナーをはじめ、そのパートナーで「アンブッシュ」ディレクターのVERBAL、モデルのケイト・モス(Kate Moss)、ナオミ・キャンベル(Naomi Campbell)、イギリス人俳優のロバート・パティンソン(Robert Pattinson)、ラッパーのプシャ・T(Pusha T)、グライムMCのスケプタ(Skepta)らの姿が見られた。さらに、芸術家の村上隆、俳優の福士蒼汰、三代目J Soul Brothers FROM EXILE TRIBEの登坂広臣、タレントのけみおも来場した。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら