ファッション

木村拓哉が「リーバイス」CM起用でダンス披露 国内外から報道陣殺到

 リーバイ・ストラウス ジャパンは “リーバイス エンジニアード・ジーンズ(LEVI‘S ENGINEERED JEANS以下、エンジニアード・ジーンズ)”のキャンペーンに俳優の木村拓哉と中国出身の女優フェイ・ウォンの娘でミュージシャンのリア・ドウを起用する。1月22日に都内で行われた新CM発表会に木村とリアが登壇し、国内外から限られた約80メディアが出席した。

 “エンジニアード・ジーンズ”は、「リーバイス」の代表モデル“501”を立体裁断で再構築したアイテム。木村は“エンジニアード・ジーンズ”が初めて発売された1999年にアジア人として初めてリーバイスのCMに起用され、着用デニムを大ヒットさせた。当時のCMはジーンズ姿の木村が自由にパフォーマンスするというもの。今回のCMは“FREE TO MOVE”をテーマに、舞台となった電車の中で木村とリアが縦横無尽にダンスするシーンが盛り込まれている。「20年近い時を経てまた自分がキャンペーンに参加させていただけることに喜びを感じている。リアさんと共演できてうれしい。お母さん(フェイ・ウォン)とは映画『2046』で共演していて、ストーリーを感じた」と木村。「リーバイス」の印象について聞かれ「私生活でも大ファン。いろんなアイテムを自分なりに着ながら付き合ってきた。自分が好きなモノだから公式の場所で『リーバイス』の看板を背負うことは逆に照れ臭い。新品のジーンズは初めてはいた時の独特のはき心地があるけど、今回のモデルは初対面からフレンドリーな感じがする」と答えた。リアもまた「私にとってのジーンズは『リーバイス』。自分にフィットするジーンズを見つけるのは難しいけど、これは不思議とフィットする。ダンスの経験はなかったけど、CM撮影中のダンスのサポートにもなったし、動きやすさだけではなく、外見もスタイリッシュ」と話した。木村は最後に「是非皆さんの生活の一部に取り入れて、思いっきり“FREE TO MOVE”で過ごしてほしい」とメッセージを送った。

 “エンジニアード・ジーンズ”の19年春夏コレクションは2月8日に発売する。トップス4アイテム、ボトムス21アイテムをラインアップし、23日からリーバイス ストアと公式オンラインショップで先行予約をスタート。新CMは2月1日から10カ国で放送される予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら