ファッション

伊サフィロが「リーバイス」と眼鏡ライセンス契約を締結 2020年春に世界で発売

 イタリアの大手眼鏡企業サフィロ(SAFILO)は、米リーバイ・ストラウス(LEVI STRAUS&CO.)と眼鏡の製造、販売におけるライセンス契約を締結した。同契約は2020年1月に発効し、「リーバイス(LEVI’S)」の眼鏡は同年春に世界で販売される。日本での販売は未定。

 サフィロのアンジェロ・トロッキア(Angelo Trocchia)最高経営責任者は、「『リーバイス』は規模が大きく、潜在性が高いコンテンポラリー市場の開拓に大事な戦力になる。特に中国などの重要市場にアピールできる」と期待を示した。

 サフィロは、「ディオール(DIOR)」「フェンディ(FENDI)」「ジバンシィ(GIVENCHY)」などファッションブランドとハウスブランドも合わせて30以上の眼鏡ビジネスを手掛けている。17年12月期の売上高は10億4700万ユーロ(約1290億円)。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら