ファッション

伊アイウエアのサフィロが知的障害者支援を継続 累計120万本の眼鏡フレームなど提供

 伊大手アイウエア企業のサフィロは、スペシャルオリンピックス(SPECIAL OLYMPICS)とのパートナーシップを継続すると発表した。スペシャルオリンピックスは知的障害のある人の自立や社会参加を支援する国際的な非営利団体で、世界中でスポーツなどのプログラムを実施している。サフィロは2003年にパートナーシップ契約を結び、これまで累計120万本以上の眼鏡フレームとサングラスをスペシャルオリンピックスのアスリートに提供してきた。今回、新たに同契約を3年間延長し、スペシャルオリンピックスの視力検査プログラムの一環として、年間6万本以上の眼鏡フレームとサングラスを提供する。

 サフィロのアンジェロ・トロッキア(Angelo Trocchia)最高経営責任者は「スペシャルオリンピックスの支援をこれほど長く続けられたこと、世界中の何百万人もの人々に重要な影響をもたらす目の検診プログラムへの貢献を続けられることは、サフィロにとって大きな喜びであり名誉なことだ」とコメントした。

 スペシャルオリンピックスは今年創設50周年で、世界170カ国以上の600万人以上が参加している。

 サフィロは1878年の創業で、本社は伊パドヴァ。「ディオール(DIOR)」「フェンディ(FENDI)」「ジバンシィ(GIVENCHY)」などの眼鏡事業を手掛けており、2017年12月期の売上高は10億4700万ユーロ(約1340億円)。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら