ファッション

中目黒のベスト パッキング ストアの初売りで人気ビストロのシェフによる食イベント

 東京・中目黒にあるセレクトショップ、ベスト パッキング ストア(Best Packing Store)は2019年1月3〜6日、初売りイベント「BLACK STAND」を開催する。ファッションブランドの「アレッジ(ALLEGE)」にフォーカスし、同ブランドの山口亮デザイナーと交友のあるシェフによる食イベントや、商品の先行販売を行う。

 目玉は人気ビストロのシェフによる食イベント。店舗外にブースを設け、代々木上原のビストロ「メゾン サンカントサンク(MAISON CINQUANTE CINQ)」などを手掛ける丸山智博シェフ、渋谷の「ビストロ ロジウラ(Bistro Rojiura)」の原太一シェフが“おでんとそれに合うナチュラルワイン”をテーマに料理を提供する。日替わりで、1月3〜4日が原シェフ、5〜6日が丸山シェフが店頭に立つ。

 特別商品は「アレッジ」がアーティストとコラボしたスエットパーカ(1万6000円)を先行販売。イラストレーターのMASATOO HIRANOと、「ルーピー ホテル(LOOPY HOTEL)」のデザイナーTEITO NOMIYAMAがグラフィックを担当した。

 また仏スポーツブランド「サロモン(SALOMON)」とパリの人気セレクトショップのザ・ブロークン・アーム(THE BROKEN ARM)のコラボスニーカー“XT-QUEST THE BROKEN ARM”(3万円)を限定販売する。「サロモン」のトレッキングシューズ“QUEST”のアウトソールと、トレイルランニングシューズの“XT WINGS”のアッパーをドッキングしたデザイン。26〜28センチをそろえる。

■BLACK STAND
日程:1月3〜6日
時間:12:00〜17:00
住所:東京都目黒区青葉台1-23-5

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら