ファッション

リアル港区おじさん&港区女子を探せ! 東カレのフェスに潜入

 富裕層のライフスタイルやグルメ情報を扱うメディアの「東京カレンダー」は12月2日、ウェブで毎週金曜日に配信している人気コンテンツ「港区おじさん」のファン向けイベントを開催した。

 「港区おじさん」は、毎夜西麻布界隈に集まる、金と時間を持て余した“港区おじさん”と、男を踏み台にのし上がる自称モデルなどの“港区女子”のあるあるネタを揶揄する内容から始まった動画ドラマ。今では主人公の港区おじさん“船田さん”と彼の下に集まる仲間たちが展開する東京サクセスストーリーとして幅広いファンをつかみ、動画の総再生回数は4000万回を超えたという。

 今年5月に2日間にわたって開催したファンミーティングには計600人が参加。有料イベントであるにもかかわらず約3000人の応募が殺到し、抽選で外れたファンもいたほどだった。今回は“フェスティバル”と称して1日の中で3つのイベントを開催。午前中には“港区おじさん”に出演する登場人物が港区初のマラソン大会「MINATOシティーハーフマラソン2018」に参加した。「港区おじさん」でも登場人物がマラソンに参加するまでストーリーが展開されており、その内容と連動した企画となった。さらに午後には同コンテンツを初めて映画化した「港区おじさんTHE MOVIE」の上映会をTOHOシネマズ六本木で開催。一部のシーンをあえて収録せず、上映中の会場で登場人物が総出演してその部分を演じるという、映像と現実を融合させたサプライズ演出はファンを歓喜させた。さらに夜にはファンミーティングを開催。5月に開催したファンミーティングよりも登場したキャストの数が増えたり、リアルタイムのアンケート投票が新たに行われたりするなど、パワーアップしたコンテンツで来場者を楽しませた。

 今回のイベントには延べ850人のファンが集結。参加者層はドラマに登場するような“港区おじさん”や“港区女子”以外にも純粋に「港区おじさん」の世界観やドラマのファンだという男女も多く、年齢層も幅広い。このためだけに地方から上京したファンや、5月のイベントにも参加していたファンが多数集まった。特にフェスティバルを締めくくる夜のファンミーティングにはドレスアップした男女が集い、シャンパンやイタリアビールを片手に出演者と会話を楽しむファンであふれかえった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。