ニュース

「プラザ」が2018年ベストヒットコスメ発表 プチプラで一番売れたものとは?

 スタイリングライフ・ホールディングスが展開する輸入生活雑貨店「プラザ(PLAZA)」が、2018年に人気を集めたベストヒットコスメを発表した。アイシャドウ部門、マスカラ部門、アイライナー部門、リップ部門、ベースメイク部門の計5部門で、発売日から30日間の販売数量をもとに上位3位までを選出し、公式サイト上に掲載している。集計対象は全国の「プラザ」および「ミニプラ(MINIPLA)」。

 アイシャドウ部門1位は「サナ エクセル リアルクローズシャドウ CS04 プラムニット」(1500円)、リップ部門1位は「サナ エクセル グレイズバームリップ CB06 ショコラベリー」(1600円)が獲得した。両部門は新作が豊富にそろう中、例年よりも“カラー”に注目が集まり、ベーシックなカラーよりもプラム系やブラウンレッドなど、旬なメイクが楽しめるアイテムに人気が集中した。

 マスカラ部門1位は「デジャヴュ ラッシュアップKマスカラ 漆黒」(1200円)がランクインし、アイライナー部門1位は「デジャヴュ ラスティンファインa クリームペンシル ピュアブラウン」(1200円)だった。ボリュームタイプのマスカラ人気が後退し、ブラックよりもブラウンのアイライナーが支持されるなど、ナチュラルメイクを意識したトレンドが浮上した。

 ベースメイク部門1位に「ザ・セム チップコンシーラー 1.5 ナチュラルベージュ」(780円)、2位に「ミシャ Mクッション ファンデーション プロカバー 23」(1500円)が入り、韓国ブランドが上位を独占。空前の“韓国ブーム”の一端も見られる結果となった。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら