ファッション

羽田空港に新商業施設が12月19日開業 コンセプトは“通過する場所から滞在する場所へ”

 日本空港ビルデングは、羽田空港国内線第1ターミナル5階に複合商業施設「ザ ハネダ ハウス(THE HANEDA HOUSE)」を12月19日に開業する。延べ床面積は4000平方メートル。“通過する場所から滞在する場所へ”をコンセプトに、ファッション、飲食、フィットネスなど全14店舗が出店する。

 ファッション業態では、「アディダス(ADIDAS)」のスポーツショップや、初の実店舗の出店となるカスタムヒールシューズの「ファムゾン(FAMZON)」、オンワードホールディングス(HD)のオーダーメードスーツ業態「カシヤマ ザ・スマートテーラー(KASHIYAMA THE SMART TAILOR)」が軒を連ねる。「ファムゾン」や「カシヤマ ザ・スマートテーラー」などECに力を入れているブランドも多く、各店舗ともショールーミングストアの機能も備えている。

 飲食業態では、EXILEが所属するLDHによるライブレストラン「ライブ&レストランLDH キッチン ザ トウキョウ ハネダ(Live & Restaurant LDH kitchen THE TOKYO HANEDA以下、LDH キッチン)」や、チーズタルト専門店「パブロ(PABLO)」と全日本空輸(ANA)のコラボカフェ「ANA ハンガー ベイ カフェ バイ パブロ(ANA Hangar bay Cafe by PABLO)」などが並ぶ。「LDH キッチン」は12月20日オープン。同施設中最も広い約830平方メートルの店舗で、LDH所属アーティストらによるライブパフォーマンスと共に、滑走路の景色や食事を楽しむことができる。

 他にも、レンタルオフィスの「リージャスエクスプレス(Regus express)」や、ボクシングフィットネスの「ビー モンスター(b-monster)」、ゴルフラウンジの「GDO ゴルファーズ リンクス ハネダ(GDO Golfers LINKS HANEDA)」、ヘッドスパの「キューズフォレスト(Q’s for-rest)」などが営業する。空港での新しい時間の過ごし方を提案する。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら