ファッション

「ジルスチュアート」2015年春夏ニューヨーク・コレクション

 「ジルスチュアート(JILLSTUART)」が2015年春夏コレクションをニューヨークで発表した。

BACKSTAGE

 「ジルスチュアート(JILL STUART)」2015年春夏コレクションのインスピレーション源は、ノンシャランな雰囲気が漂う70年代。ランウェイには、ゆったりとしたシルエットで描いたパステルカラーの洋服を纏ったモデルが登場した。メイクアップのリードを務めたのは、アーロン・ド・メイ=メイクアップアーティスト。他ブランドのバックステージ同様にアイフォーカスのメイクを提案した。「ブラックコーヒーを彷彿とさせるディープブラウンのアイライナーで目を囲んだ後に、ブラウンアイシャドウをたっぷり重ねてセクシーなスモーキーアイに仕上げた。また、まぶたの中央にはクリアなグロスをオン。指先で軽くタップしながらブレンドして、シャイニーでグロッシーな質感を与えたのがポイントだ。さらにまつ毛は、マスカラでボリュームをプラス。淡いカラーのドレスルックに合わせて今回は強すぎないメイクを生み出したが、目もとの質感で遊んでツイストを効かせた」とコメント。肌は、ルースパウダーで整えたフローレススキン。リップは、保湿するためにバームを使用したが、カラーはのせずにナチュラル感をキープ。アーロン・ド・メイ=メイクアップアーティストは今季、秋冬でも春夏でも日常に取り入れやすいメイクを提案した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら