ニュース

「スタイリスト私物」と「ウカ」がコラボ 10月10日の“銭湯の日”に「ゼンシンシャンプー」を限定発売

 スタイリストの山本康一郎のブランド「スタイリスト私物」と「ウカ(UKA)」がコラボして業務用サイズ(1L)の「ゼンシンシャンプー」(1万2200円)を“銭湯の日”である10月10日に、一般向けに発売する。同製品は、男性の髪の将来を考えた成分とこだわりの香りで人気の「ウカ フォーメン E(エナジー)シャンプー」を、山本スタイリストの要望で業務用サイズにしたもので、髪や頭皮だけでなく、全身にも使える。

 「男子なら全身さっと洗えて、プロが使うプロ用(業務用)がかっこいい、無理言ってこういう形で出してもらった。エナジーシャンプーの香りはけっこう強くガツンと来るのに、残香の引き際がよくて、いい男の在り方と思う」と山本スタイリスト。“康”マークのスタンプが施された箱の中には、シャンプーの他に、付け替え用ポンプと「スタイリスト私物」のステッカーが1枚入っている。

 もともと「ウカ」の渡邉季穂・代表と渡邉弘幸CEOが山本スタイリストと親交があり、かつ「ウカ フォーメン Eシャンプー」愛用していることから、今回のコラボが実現した。「ウカ」のオンラインストアをはじめ、「ウカ」の表参道店、ギンザ シックス店、恵比寿三越店などで販売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら