ニュース

美容室「ブローチ」の柳亜矢子が手掛ける「リレイ」からジェンダーフリーのヘアバームが登場

 人気美容師の柳亜矢子「ブローチ(broocH)」ディレクターがプロデュースするヘアブランド「リレイ(LILAY)」から、“ジェンダーフリー”をキーワードにした新製品「リレイ フリーバーム」(30g、1980円)が誕生した。10月6日からサロンで先行発売し、11月10日からは全国のバラエティーショップなどで取り扱いをスタートする。

 「フリーバーム」は、天然由来成分を95%以上使用したオーガニックヘアバーム。既存の「トリートメントバーム」よりも少し硬めのテクスチャーで、キープ力も強くなっている。ショートやボブからロングまで幅広く使え、ヘアアレンジやベースの質感作りにも最適だ。ライトな質感で根元がつぶれにくく、男性にも使いやすい仕様となっている。またハンドケアやリップケアなどのパーツケアとしても使用できる。

 パッケージは、男性でも手に取りやすいスカイブルーを採用。また、香りもパチュリやフランキンセンスを使用しているためウッディーとスパイシーさが混ざり、すっきりとした感覚が残るので、男女共に楽しめる。

 「リレイ」からは「トリートメント バーム」と「ラップミスト」が発売されており、感度の高い女性たちから多くの支持を得ている。また「フリーバーム」と同日には、天然由来成分100%の髪だけでなくメイククレンジングや全身のケアに使用できる美容オイル「オールユアオイル」(150mL、3500円)も発売される。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら