ファッション

「スタイリスト私物」とゴールドウイン ニットを生かす冬の1着

 スタイリストの山本康一郎が手掛けるブランド「スタイリスト私物」が12月19日、ゴールドウインに別注したパッカブルウインドブレーカー(2万円)を発売する。60枚限定で東京・神宮前のセレクトショップ、グラフペーパー(GRAPHPAPER)で取り扱う。

 同アイテムには、スタイリストならではの工夫が凝らされている。ニットの上に羽織ると、風を防ぎつつムレを防止してニットの暖かさを保つうえ、擦れを軽減してニットの毛玉を防ぐこともできる。ネックを長く設計しているのでミッドレイヤードとしても使えて、ニットのチクチクした肌触りを感じさせない。非常に柔らかくコンパクトな素材を使用し、無駄を削ぎ落とした縫製のため、収納もスムーズだ。

 「スタイリスト私物」は、 “自分が気に入っているものは、みんなも欲しいものなのではないか”という考えのもと、さまざまなブランドに別注することで山本自身が個人的に好きなアイテムを自分仕様に具体化するブランド。これまでグラフペーパーに別注したTシャツや、「ノンネイティブ(NONNATIVE)」に別注したコレクションを提案してきた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら