ニュース

新会社になったウィゴー 園田新社長「実店舗の再強化」に注力

 9月25日に新会社として再スタートを切ったウィゴーは、「実店舗の再強化」をテーマに掲げて既存店の底上げに取り組む。前取締役ウィゴー事業部長で今回、新会社のトップに就任した園田恭輔・社長(39)は「今は足元固め。本部主導だけではなく、(店頭の)現場の力をもっと生かす態勢にしたい」と話す。新たに筆頭株主になった投資会社J-STARによる財務やシステム面での後押しを受けて、店頭改革にまい進する。

 すでに店頭改革は昨年から取り組んでおり、今年3〜8月期の既存店売上高は前年同月比3%増、粗利益は10%増と成果をあげている。在庫コントロールを精緻化し、商品あたりの予算を明確にすることで、商品のヒット率を高めて値引きを抑制した。また生産や物流にかかわるコスト削減も寄与している。

 同社は2010年から15年までの出店攻勢で売上高が3倍に跳ね上がる急拡大を遂げた。だが、その反動も大きかった。「今思えば異常な急成長で、適正な商品量が見えなくなっていた」(園田社長)と反省し、この数年は出店ペースを下げ、売上高よりも利益改善に軸足を置いてきた。その過程で、筆頭株主や経営トップが3度も変更される混乱があったものの、商品と販売の現場では地道に改善を進めてきた。今期(19年2月期)の売上高は前期比5%増の380億円の見通し。新体制で在庫コントロールの精度にさらに磨きをかけるという。

 引き続き出店は立地を厳選して進める。主力業態の「ウィゴー(WEGO)」ではウィメンズ、メンズのアパレルだけでなく、化粧品や雑貨、祖業である古着に再び力を入れており、これらの幅広いアイテムで構成した店舗を強化する。ショッピングモールでは198平方メートル前後の店舗が多いが、今後はこれを396平方メートル前後に増床し、取扱商品を増やす。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら