ファッション

「コム デ ギャルソン」のショーに来る招待客のスタイルは?

 ファッションショーの招待客は、ブランドによってガラッと変わるもの。パリ・ファッション・ウイークで人気の高い「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」は限られた関係者を招待しているようだが、他ブランドと異なるのはいわゆるインスタグラムを中心に活動しているようなインフルエンサーの来場が少ないこと。2019年春夏のショー会場にはバイヤーやジャーナリスト、スタイリストの他、ファッションデザイナー、アーティストの姿もあった。

 来場者の「コム デ ギャルソン」の着用率も高い。18-19年秋冬のニットシリーズや、18年春夏の高橋真琴による少女のイラストを入れたドレスやコート、トロンプルイユ柄のドレスなどを身に着けた来場者を見かけた。「リック・オウエンス(RICK OWENS)」や「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」のアイテムを組み合わせている者もいた。ショー会場の入口前で、招待された業界人と、ショー出演後に会場から出てきたモデルをとらえた。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら