ファッション

「ヨウジ」「イッセイ」など12ブランドに別注 ウールマーク × 阪急メンズ東京のポップアップ開催

 ザ・ウールマーク・カンパニー(THE WOOLMARK COMPANY以下、ウールマーク)は、阪急メンズ東京との共同キャンペーン“ジャパン クリエイション”のポップアップショップを10月9日まで同店で開いている。国内12ブランドにウール製の別注品を依頼し、デザイナーの感性を通してウールの新たな魅力を発信する。

 販売するアイテムは「ヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)」のジャケット(10万6000円)や「イッセイ ミヤケ メン(ISSEY MIYAKE MEN)」のステンカラーコート(10万円)をはじめ、「シセ(SISE)」のシャツコート(6万1000円)、「WJK」のコート(7万円)、「マーカウェア(MARKAWARE)」のシャツ(5万2000円)、「ワイスリー(Y-3)」のコート(13万円)など。ポップアップは10月2日まで1階のイベントスペースで行い、3〜9日は4階の自主編集売り場ガラージュ D.エディットのプロモーションスペースで継続する。

 ウールマークはデザイナーズブランドとの取り組みに積極的で、2017年には「ファセッタズム(FACETASM)」と、18-19年秋冬および19年春夏の2シーズンにわたるパートナーシップ契約を結んだ。今後も新たなブランドとの協業を視野に入れ、“ジャパン クリエイション”などの取り組みを行う予定だという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら