ファッション

そごう神戸店が「神戸阪急」に屋号変更 19年10月に

 エイチ・ツー・オー リテイリング(以下、H2O)は、そごう神戸店と西武高槻店の屋号を変更することを発表した。2019年10月1日付で、そごう神戸店を「神戸阪急」に、西武高槻店を「高槻阪急」に変更する。グループ内の事業編成に伴うもので、事業運営をH2Oの子会社であるエイチ・ツー・オー アセットマネジメントから阪急阪神百貨店へ移管する。

 H2Oは、阪急うめだ本店を核にした「百貨店事業の強化」と「関西ドミナント化戦略」の2つを掲げる中で、同2店舗の事業を17年10月にセブン&アイ・ホールディングスとそごう・西武から譲受した。

 そごう神戸店は、神戸最大の商業地である三宮で営業し、売上高は451億円(16年度)。H2Oは同店を「関西ドミナント戦略」の西の拠点と位置づけている。同社は、1992年から2012年まで神戸ハーバーランド地区で神戸阪急の屋号で百貨店を運営していた。神戸で「阪急」の屋号が7年ぶりに復活することになる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。