ニュース

百貨店8月度は5社中4社が前年上回る 夏物雑貨や一部セーターなど秋物に動き

 百貨店大手5社の8月度売上高(既存店ベース)は、そごう・西武を除く4社が前年実績を上回った。三越伊勢丹が前年同月比4.8%増、阪急阪神百貨店が同6.7%増、大丸松坂屋百貨店が同3.4%増、高島屋が同1.5%増、そごう・西武が同0.4%減だった。全社が前年を下回った7月度から一転、ラグジュアリーブランドや化粧品の引き続きの好調や、猛暑によるサングラスやパラソルなどの夏物雑貨が動いた影響で、好転した。

 下旬の台風や、前年に比べ休日が1日減の影響があったものの、各社押し並べて順調に推移した。三越伊勢丹の基幹3店舗計では「婦人服は前年比とほぼ同率だった。その中では、ワンピース(同8%増)、スカート(同4%増)が伸びた。一方、紳士は同5.4%増となり、スラックス(同7%増)、ドレスシャツ(同2ケタ増)、Tシャツ(同15%増)が好調だった」(広報)と語る。さらには、「ラグジュアリーブランドや化粧品が変わらず伸長し、ラグジュアリーでは秋物、特にセーターが動いた」という。

 阪急本店は、婦人服が同13%増と2ケタ成長となった。「前半はワンピースやUV対策の化粧品に加え、パラソル(同37%増)、サングラス(同29%増)、サンダル(同11%増)と雑貨が好調。中旬以降は、モード婦人服(同24%増)を中心に、秋冬のコートなど重衣料の動き出しが良かった」(広報)。

 免税売上高は引き続き伸長した。阪急阪神百貨店が同約2割増、高島屋が同24.2%増、大丸松坂屋百貨店が同20%増、そごう・西武が同約15%増、三越伊勢丹(基幹3店舗)が同9.7%増だった。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら