ファッション

「神戸コレクション」で若手デザイナーがランウエイショー 「ミキオサカベ」と「ケイスケヨシダ」が参加 

 2018年4月に「若手デザイナー支援コンソーシアム」を立ち上げた経済産業省は「神戸コレクション」と協業し、若手ファッションデザイナーのBtoCを意識したランウエイショーを、8月25日に行われる「神戸コレクション」で発表する。会場は神戸のワールド記念ホール(神戸ポートアイランドホール)。「若手デザイナー支援コンソーシアム」は若手デザイナーのビジネスの拡大に向けた支援プロジェクトで、同プロジェクトからは「ミキオサカベ(MIKIO SAKABE)」と「ケイスケヨシダ(KEISUKEYOSHIDA)」が参加する予定だ。

 またコレクション翌日の8月26〜28日には連携イベント「SEE NOW BUY NOW神戸コレクション2018AW」を阪急うめだ本店で行う。「ミキオサカベ」のランウエイショーで披露されるルックをショールーミング形式で販売する。

 「神戸コレクション」は阪神・淡路大震災後の神戸の街を元気にしたいという思いのもと、02年からスタート。リアルクローズのファッションショーとして毎回約1万3000人の来場者が詰め掛けるほど話題を集めている。今回は両ブランドの他、「ムルーア(MURUA)」や「ラグナムーン(LAGUNAMOON)など約26ブランドが登場する。なお中条あやみをはじめ、紗栄子や河北麻友子、ローレン・サイ、松井愛莉ら著名人がショーを盛り上げる。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年秋冬に売れたものは何だった? 特選、婦人服、化粧品の商況を取材/付録「WWDビューティ」2月号

「WWDジャパン」2月22日号は、「2020年秋冬に売れたものは何だった?」というテーマで特集を組んでいます。特選(ラグジュアリーブランド)、婦人服、化粧品という注目3市場について、20年8~12月の商況を有力百貨店やファッションビル、ショッピングセンターにそれぞれ聞きました。そこから見えてきたのは、“イエナカ”“高額品”“信頼の定番”“ワクワク”“コラボ”という5つの消費キーワード。ウィズ・コロ…

詳細/購入はこちら