ニュース

経産省が若手デザイナーを支援するプロジェクトを立ち上げ

 経済産業省は、若手のファッションデザイナーのビジネス拡大に向けた支援プロジェクト「若手デザイナー支援コンソーシアム」を立ち上げた。

 若手ファッションデザイナーの支援を行うことで、日本のファッション産業全体の活性化を図ることが目的。若手デザイナーは経済産業省の連絡窓口から、経営やモノ作り、販路、ビジネスモデルなどの面について、参加支援機関からそれぞれの専門性を生かした支援を受けることができる。

支援対象は、売り上げが8000万~数億円程度で、“中堅期”でブランド価値を確立しつつあるブランド。売り上げは国内向けの卸中心で、複数の主要な百貨店やセレクトショップで販売し、営業力や海外対応体制の未整備から、特に海外売り先の開拓・拡大に困難を抱えているようなデザイナーだ。同プロジェクトでは、支援ブランドの海外進出を後押しし、売上高10億円以上に成長させることを目標にする。

 コンソーシアムとは、2者以上の個人、企業、団体、政府などから成る団体であり、共同で目的に沿った活動をし、共通の目標に向かって資源を蓄える目的で結成されるもののことを指す言葉。この「若手デザイナー支援コンソーシアム」ではテキスタイルメーカーなどのモノ作りから、百貨店やセレクトショップなど小売りまでが一体となって、総力で若手デザイナーをサポートしていく。

同プロジェクトは4月から本格始動し、4月以降からサポートの参画企業を募る。

「若手デザイナー支援コンソーシアム」発起人
尾原蓉子一般社団法人ウィメンズ・エンパワメント・イン・ファッション会長
三宅正彦TSIホールディングス会長・JFWO 理事長
廣内武オンワードホールディングス会長
リシャール・コラス=シャネル株式会社社長
大矢光雄・東レ株式会社専務取締役繊維事業本部長
貝原良治カイハラ会長
池田哲夫・小松精練社長
山下雅生エイガールズ会長
西川八一行・西川産業社長
大西洋オフィスタイセイヨウ代表
木本茂・高島屋社長
庄田良二アシックス執行役員
島正博・島精機製作所会長
栗野宏文ユナイテッドアローズ上級顧問
源馬大輔・源馬大輔事務所代表
太田伸之・クールジャパン機構社長
軍地彩弓gumi-gumiクリエイティブディレクター兼CEO
山田敏夫ライフスタイルアクセント代表取締役
長嶋聡ローランド・ベルガー社長
向千鶴「WWDジャパン」編集長