ファッション

マークイズみなとみらいが新規と改装10店 9月にグランドリニューアルオープン 

 三菱地所グループが運営するマークイズみなとみらい(横浜市)は、今春から実施していた同SC初の大規模リニューアルの第一期を9月15日に完了し、グランドオープンする。

 8月31日~9月15日に6店舗が新規出店し、4店舗が改装オープンする。1階には国内2号店となる仏ライフスタイルブランド「ベンシモン(BENSIMON)」、2階にはベイクルーズグループのセレクトショップ「ジョイントワークス(JOINT WORKS)」、ユナイテッドアローズの「グリーンレーベル リラクシング(GREEN LABEL RELAXING)」などが入る。ビームスの「ビーミング ライフストア バイ ビームス(B:MING LIFE STORE BY BEAMS」や「ザ ナチュラルシューストア(THE NATURAL SHOE STORE)」などがリニューアルし、品ぞろえを拡充する。

 8月31日と9月1日は各日先着500人に洋菓子の詰め合わせがノベルティとして用意され、9月1、2日は買い物客を対象に利用券が当たる抽選会を実施する。

 マークイズみなとみらいは6月に開業5周年を迎えた。第一期のリニューアルでは計30店舗を新規・改装オープン。今秋には第二期のリニューアルも予定している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら