ファッション

ラゾーナ川崎が食物販エリアを全面改装 新規30店含む全85店を11月オープン

 三井不動産は、川崎市の大型ショッピングセンター「三井ショッピングパーク ラゾーナ川崎プラザ」の食物販エリア「グラン・フード」のラインアップを一新し、11月29日に全85店舗をオープンする。これに伴い、同エリアの営業は8月27日から休止する。

 新規に入る30店舗の内、世界大会受賞経験を持つパティシエの辻口博啓がプロデュースする豆スイーツ店「フェーヴ(feve)」や和の要素を取り入れたショコラトリー「セゾン ド セツコ」など、神奈川県もしくは川崎市初出店となる店舗が約6割を占める。通路幅の均一化やレジの集約など、ハード面の見直しも併せて実施し、より利便性の高い空間を目指す。

 3月から順次実施してきた同SCの大規模リニューアル事業は、これまでに新規・改装103店舗がオープン。食物販ゾーンの改装をもって完了となる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら