ファッション

プリンスの映画「パープル・レイン」の衣装デザイナーが死去

 1980年代にプリンス(Prince)らミュージシャンの衣装を多く手掛けた衣装デザイナー、ルイス・ウェールズ(Louis Wells)の葬儀が8月4日に行われた。家族によれば、ウェールズは61歳で肺がんのため7月19日に死去したという。

 バンドのアース・ウィンド・アンド・ファイアー(Earth, Wind & Fire)やシンガーソングライターのナタリー・コール(Natalie Cole)、R&B歌手のボビー・ブラウン(Bobby Brown)らをクライアントに抱えたウェールズだが、特に、相棒のヴォーン・テリー(Vaughn Terry)と衣装デザイナーのマリー・フランス(Marie France)と共に84年公開の映画「プリンス/パープル・レイン(Purple Rain)」のプリンスの衣装を手掛けたことで知られる。

 米軍曹長の父と主婦の母のもと、米カリフォルニア州のアーウィン米軍基地で生まれ、10人の兄弟や姉妹と共に育てられた。イリノイ州のロック・アイランド高校に進学し、家庭科の授業ではクラスの他の女子よりも裁縫が上手だったという。12歳の時に家族の生計を支えると決心し、15歳で就職。その後ウェスタン・イリノイ大学(Western Illinois University)で服飾の学位を取得し、27歳の時にハリウッドの衣装デザイナー、ビル・フランク・ウィッテン(Bill Frank Whitten)のスタジオ、ワークルーム27(Workroom 27)で働き始め、相棒のテリーと80年代に出会った。エジプトにインスパイアされたアース・ウィンド・アンド・ファイアーのスピリチュアルな世界観をテリーと共に衣装で作り出し、一瞬で破けるタキシードからグリッターを施した衣装にチェンジできる衣装も生み出した。そんな中2人は、まだデビューしたてで名声もなかったプリンスの衣装を任された。

 テリーは当時を振り返り「ウェールズは控えめで優しく、落ち着いていて繊細な人だった。僕ら2人は突然『このガキと働けよ。彼は将来ビッグになる』と言われてしぶしぶプリンスと働き始めた。出世道を外れたと思っていたが、プリンスはツアーバスで移動するような一大アーティストの卵だった。結局プリンスとは6年間働いた。プリンスの衣装を通じて僕たちは世界のファッションに影響を与えたと言ってもいいと思う。レザージャケットにスカーフ、タッセルにモーターバイク・スタイルはもちろん、ラッフルシャツ、パープルのトレンチコート、スリットが入ったフィットパンツ、2cmの大きなボタンにプリンスの影響を見ることができる。今もなお、ファッション界はこれらのアイテムを使っているんだ」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。