ファッション

プリンスの回顧展「My Name Is Prince」が、“21日間連続コンサート”を実施した場所で開催

 2016年4月に死去したプリンス(Prince)の回顧展「My Name Is Prince」が、10月26日〜11月15日にロンドンのO2アリーナで開催される。回顧展では、「スーパーボウル(Super Bowl)」のハーフタイムショーで演奏したオレンジのクラウドギターや、アルバム「Purple Rain」のツアーで着用したパープルのジャケットとラッフルシャツなど、誰もが知っている衣装から、ミネソタ州のミネアポリス郊外の自宅兼スタジオ、ペイズリー・パークから集められた世に出ることがなかった遺品まで、プリンスの人生の軌跡をたどる展示となる。

 プリンスの妹タイカ・ネルソン(Tyka Nelson)は、英新聞「イブニング・スタンダード(Evening Standard)」に「多くの人がプリンスのイメージカラーはパープルだと思っているが、彼が実際好きだったのはオレンジ」と語り、展示の中でもオレンジのクラウドギターが見どころと強調した。

 ネルソンがロンドンのO2アリーナを回顧展会場に選んだ理由は、ロンドンがプリンスを一番受け入れてくれた都市で、O2アリーナはプリンスが21日間連続コンサートを実施した場所であるため。回顧展もコンサート同様21日間開催される予定だ。

 また、ネルソンはプリンスが生前から望んでいた、彼の世界観に誰もが触れることができるようにという願いが実現するよう、全力を挙げるとコメントした。なお、ペイズリー・パークは16年10月から美術館として一般公開されており、保管されていたリリース前のアルバムなどはユニバーサル ミュージック グループ(UNIVERSAL MUSIC GROUP)との契約でリリース予定だ。

 回顧展のチケットは「My Name Is Prince」の公式サイトで今週発売される。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。