ファッション

2日目を迎えた「フジロック’16」 快晴の会場ではサングラスとサファリハットが大人気

 2日目を迎えた「フジロックフェスティバル ’16(FUJI ROCK FESTIVAL’16、以下フジロック)」は、昨日とは打って変わって青空のもとスタートした。会場には、高橋盾「アンダーカバー(UNDER COVER)」デザイナーや森川マサノリ「クリスチャン ダダ(CHRISTIAN DADA)」デザイナー、松田翔太、秋元梢、野田洋次郎、ハリー杉山、ベイカー恵利沙らの姿があった。

 来場者の多くは、天気の関係から動きやすさに重きを置いたショートパンツやビーチサンダルなど、私服のようなファッション性の高いスタイルに加え、強い日差しのためにつば広のサファリハットやサングラスを着用。サファリハットは、「モンベル(MONT-BELL)」や「コロンビア(COLUMBIA)」「パタゴニア(PATAGONIA)」などの定番アウトドア・ブランドに加え、「キジマ タカユキ(KIJIMA TAKAYUKI)」や「ホワイトマウンテニアリング(WHITE MOUNTAINEERING)」を被る来場者の姿も見ることができた。サングラスは、「レイバン(RAY-BAN)」や「オークリー(OAKLEY)」をはじめ、バラエティ色の強いミラーレンズやハート形、格子の掛かったサングラスも目立った。

 トリを飾ったのは、エディ・スリマン前「サンローラン」クリエイティブ・ディレクターと親交を持つことで知られるソロ・アーティスト「ベック(BECK)」だ。細身の体によく似合うスパースリムのデニムパンツとライダースジャケットに白黒のドットシャツを着て登場し、代表曲「ルーザー」をはじめ、「ガール」「デヴィルズ・ヘアカット」などを披露。アンコールの際には白スーツにピンクのドットシャツとハットで現れると、今年の1月に亡くなったデヴィッド・ボウイ(David Bowie)の「チャイナ・ガール」と4月に亡くなったプリンス(Prince)の「1999」を追悼の意を込めカバーした。ザ・クロマニヨンズやマン・ウィズ・ア・ミッション(MAN WITH A MISSION)、ワニマ(WANIMA)などの邦楽アーティストのファンは、ここフジロックでもライブを全力で楽しむためにバンドTシャツと「ディッキーズ(DICKIES)」のハーフパンツに高機能インナーといった定番のスタイルだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。