ファッション

胃や腸、ぼうこうまで! ヴィレヴァンが“臓器ぬいぐるみ”を発売

 ヴィレッジヴァンガードのインターネット事業を手掛けるヴィレッジヴァンガードウェブドは、不思議な見た目が愛くるしい“臓器ぬいぐるみ”の予約販売を公式オンラインストアで開始した。価格は3000〜8500円で全37種類をそろえる。

 米国生まれのこのぬいぐるみは、解剖学に触発されて作られた。胃や腸などの消化器系から内耳や眼球などの感覚器系、腎臓などの泌尿器科系まであらゆる臓器をモチーフにした。デザインは米・カリフォルニア在住イラストレーターのウェンディー・ブライアン・ラザール(Wendy Bryan Lazar)が手掛けており、日本初上陸となる。

 それぞれのアイテムにはその臓器の役割を解説したミニブックが付属しており、可愛いだけでなく臓器のことを知ることができる。先行で販売している米国では、自分用としてだけでなくお見舞い品としても人気があるという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら