ファッション

胃や腸、ぼうこうまで! ヴィレヴァンが“臓器ぬいぐるみ”を発売

 ヴィレッジヴァンガードのインターネット事業を手掛けるヴィレッジヴァンガードウェブドは、不思議な見た目が愛くるしい“臓器ぬいぐるみ”の予約販売を公式オンラインストアで開始した。価格は3000〜8500円で全37種類をそろえる。

 米国生まれのこのぬいぐるみは、解剖学に触発されて作られた。胃や腸などの消化器系から内耳や眼球などの感覚器系、腎臓などの泌尿器科系まであらゆる臓器をモチーフにした。デザインは米・カリフォルニア在住イラストレーターのウェンディー・ブライアン・ラザール(Wendy Bryan Lazar)が手掛けており、日本初上陸となる。

 それぞれのアイテムにはその臓器の役割を解説したミニブックが付属しており、可愛いだけでなく臓器のことを知ることができる。先行で販売している米国では、自分用としてだけでなくお見舞い品としても人気があるという。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら