ファッション

ららぽーとが九州初進出 2021年、福岡に開業

 福岡市は博多区の青果市場跡地の再開発について、三井不動産を中心とした企業グループを事業予定者に選定したと発表した。三井不動産は九州初となるショッピングセンター(SC)「ららぽーと」を核にした大型複合施設を2021年度末に開業する見通しだ。東京のららぽーと豊洲にある子どもの職業体験テーマパーク「キッザニア」も誘致する。開発予定地は半径2〜3㎞圏内に博多駅や福岡空港、天神の繁華街がある有力エリアにある。福岡ではヤフオクドームの隣に三菱地所によるSC「マークイズ福岡ももち」が今秋開業する予定で、中心部と郊外の商業施設同士の集客合戦が激化することになる。

 三井不動産は今回、九州電力、西日本鉄道(西鉄)の3社とタッグを組む。開発予定地は最寄り駅から800mほど離れているが、西鉄は博多駅や福岡空港などとバスで結ぶ。

 三井不動産は関東と関西に広域型SCのららぽーとを13施設運営する。9月には「ららぽーと名古屋みなとアクルス」を開業して名古屋に初進出。今回発表した九州進出で全国展開を加速させる。

 福岡市による再開発業者の公募には、三井不動産の他、イオンモール、イズミ、JR九州をそれぞれ中核とした3つの企業グループが名乗りを上げていた。有望な商圏であることに加え、最近は福岡に訪日客が急増していることもあって、参入希望が相次いだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。