ファッション

「毎日ファッション大賞」ノミネートブランドがクラウドファンディングで異例の支援呼びかけ

 新興アパレルメーカーのオールユアーズ(ALL YOURS)が「第36回毎日ファッション大賞」の大賞にノミネートされたことを受け、事務局への提出用資料としてクラウドファンディングサイト「キャンプファイヤー(CAMPFIRE)」で応援コメントの募集を開始している。ノミネートを事前に告知するブランド自体が珍しいが、クラウドファンディングで支援を募るのは異例のこと。オールユアーズの原康人・代表は「先週の土曜に急に通知が来た。推薦してくださった方が誰かは分からないが、今までオールユアーズがやってきたことを見て、選んだのだと思い、会社の弁護士とも相談して今回のクラウドファンディングでの“署名活動”に至った」とコメントしている。

 今回のクラウドファンディングでは、「キャンプファイヤー」における募集金額の最低額3000円を下回る特別価格の1000円で応援コメントを募り、そのリターンとしてオールユアーズの商品クーポン券1000円分を用意。同社が目標としている1000人分の支援に対し、7月6日20時現在、157人の支援者から58万円を集めている。なお、「毎日ファッション大賞」の結果は毎年10月下旬〜11月上旬に発表される。

 オールユアーズはライトオン出身の木村昌史・代表と原代表により2015年に設立。“インターネット時代のワークウエア”を掲げ、服作りを行ってきた。「キャンプファイヤー」では24カ月連続クラウドファンディングプロジェクトとして隔月でさまざまな商品を発表し、その商品の開発資金を募ってきた。2017年8月にはウールのようなスポーツ素材でできたセットアップを発表し、「キャンプファイヤー」のファッションカテゴリで当時、過去最高額の1809万円を集めた。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら