ファッション

ドイツの職人技をとらえた写真展 代官山で開催

 ドイツブランドの職人技にフォーカスした写真展「GERMAN CONTEMPORARY EXCELLENCE」が東京・代官山のヒルサイドフォーラムで7月7、8日の2日間、開催されている。

 ドイツの企業やブランド、団体などの、人・プロダクト・プロセスの3つに焦点を当てた70作品を展示している。写真家のジム・ラケテ(Jim Rakete)がモノクロで撮影し、カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)による出版物などを手掛けてきたゲルハルト・シュタイデル(Gerhard Steidl)がデザインを担当した。被写体は時計ブランドの「A.ランゲ&ゾーネ(A. LANGE & SOHNE)」「モンブラン(MONTBLANC)」、ファッションブランドの「エスカーダ(ESCADA)」「コンテス(COMTESSE)」、自動車メーカーのメルセデス・ベンツ(MERCEDES BENZ)やポルシェ(PORSCHE)、カメラのライカ(LEICA)、キッチン機器メーカーのガゲナウ(GAGGENAU)などの商品や職人など。ラケテが使用したライカのカメラや、ショートフィルムも披露している。

 同展は2017年にベルリンでスタートし、パリ、上海を巡回しており、今年は東京の他、韓国、シンガポールでも開催予定だ。

 同展を企画・運営するマイスタークライス(MEISTERKREIS)は11年に設立された、ドイツ国内の創造力の高い人材や企業、施設、団体を支援する団体。現在70を超える企業や文化・科学施設が加盟している。

■GERMAN CONTEMPORARY EXCELLENCE
日程:7月7、8日
時間:10:00~18:00
場所:ヒルサイドフォーラム
住所:東京都渋谷区猿楽町18-8 ヒルサイドテラスF棟

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら